生田電器ブログ::電気の新聞::

こんにちは! ワンダフル伝喜家 生田電器:生田裕人(いくたひろと)です。 鳥取県米子市で、地域の公民館のような、ご近所さんやこども達が気軽に立ち寄ってもらえる電器店を営んでいます。 私には、9歳と7歳のふたりの息子がいます。息子達が大きくなったとき、「おやじ! オレは電器店をやりたい!」と言ってもらえるように、日々精進しています! 大切にしている言葉は「一番大切なことは、一番大切なことを、一番大切にすること」です。末永くお付き合いいただけますよう、よろしくお願いいたします。

最近発電が良いワケ

夏は天気がいい割に発電は少ない
 
「太陽光パネルの温度が上がって、発電量が落ちちゃう」っていうけど
実際はどのくらい落ちるのかな?
 
例えば三菱のカタログを見ると
新しいパネルの出力は、230wです。

25℃の時に230wの電気を作ります。

液晶テレビを見ることができます。

太陽光パネルは、
お日様に向けて設置をするので表面温度が
夏は80℃近くにもなる!

と言われています。
(サーモカメラが届いたので来年は測定してみます)

温度が上がれば上がるほど
効率が下がる。。

1℃上がれば約0.45%下がるらしいので
 

 
(ソーラーシェアリングのすすめより)
 
25℃をで230wなら
80℃の時は 173w...程度のようです。
(計算上、24.75%下がる…)

じゃあ、逆に温度が低いとどうなの?
って思いますよね。

1℃下がると0.45%上がるようです。

となると0℃だと
258w‼

本当かな?
って、温度が低いと日照が悪いんだよ。

だけど、だから北海道は発電がいいんだ〜♪
 
なるほど〜、よくできていますね!

当店の奥日野発電所も、
春と秋は期待できるのでは?

11月10日から工事して、
20日の運転開始予定です。

雪が降る前に仕上げたいです^ ^

コメント
コメントする









 

メルマガ会員募集中!

▼ メールアドレス

生田電器ネットショップ