生田電器ブログ::電気の新聞::

こんにちは! ワンダフル伝喜家 生田電器:生田裕人(いくたひろと)です。 鳥取県米子市で、地域の公民館のような、ご近所さんやこども達が気軽に立ち寄ってもらえる電器店を営んでいます。 私には、9歳と7歳のふたりの息子がいます。息子達が大きくなったとき、「おやじ! オレは電器店をやりたい!」と言ってもらえるように、日々精進しています! 大切にしている言葉は「一番大切なことは、一番大切なことを、一番大切にすること」です。末永くお付き合いいただけますよう、よろしくお願いいたします。

馬に水のことわざ

〜馬を水辺に連れて行くことはできても
馬に水を飲む気がなければ、
馬に水を飲ませることはできない〜

ということわざをご存知ですか?

10代の頃友人と
「こんなん、ことわざじゃない!
当たり前の事すぎる!!」

だって、
「犬を散歩に連れて行くことはできても
犬にウンコする気がなければ、
犬にウンコをさせる事はできない!」

なんて、バカにしたことわざを
ふと思い出して、
やっと気が付いた、、

生田です。

僕は電器屋をやっています。
(ご存知です。。)

で、何に気が付いたのか?
冷蔵庫を欲しいとか、必要だ!
とも思っていないお客様に

一生懸命「省エネで、電気代が安いです。
今キャンペーンで。。買ってください〜!!」
って、やってるんです。

「バカ!?売れるわけないよ!」

ですよね。

「それともう一つ
おまえ、お客様を馬だって言うの??」
そんなつもりじゃないですよ。
勘弁して下さい〜。

僕が言いたいのは、
水がいらなきゃ、馬でも水を飲まない!
って話しなんです。


で、僕は、電器屋です。
この米子で地域1番のお店を目指しています。

なので、今よりもっと
お客様のお役に立って必要とされるためには
【買ってください!】を卒業して

【のど渇いていませんか?】
っていう営業に切り替えると決めました。

そして、
目指すところは、

【そろそろお水持って来て〜!】
って言っていただけるお客様と
良い付き合いをしていくことです。

そのために必要な事は、

1.自分の都合での「買ってください!」
と泣きつき営業をやめる。

2.お客様目線で考えて、
興味性の高いもの、本当にオススメ
したいものだけを提案できるようになる。

3.【お客様に聞く】
営業はしゃべる仕事かと思っていました。
どうやら、聞く仕事のようです。

こちらの気になる【本音のところ】を
教えていただくためには、どんなことが必要なのか?
考えること。

4.以上を日々の活動の中でお客様と接する度に
思い出し、実践し続けること!

以上、
コレできたら、地域1番店になれるんじゃないかな!?

【馬に水のことわざ】から教えていただきました。

では、明日から
「最近腹立ったことってなんですか?」
って聞いて行ってみようと思います。

これで【馬に水のことわざ】を使って
ウマくワンランク上の営業マンになって

家族で、USJに遊びに行くぞ〜!!
と思う卒業シーズンなのでありました。



コメント
コメントする









 

メルマガ会員募集中!

▼ メールアドレス

生田電器ネットショップ